第4話 『もしも・・・例えば・・・』

こんばんは

sakura-yukiです




長編ブログ
Sakura-yuki×Fes
~君の知らない物語~


第4話
『もしも・・・例えば・・・』



※前回のラストから

いつもと何も変わらない店内で

いつもとは違う早希ねえちゃんの姿・・・・。

電話で言ってたなぁ・・・さっき彼氏さんと別れたって・・・。

早希『まー。来てくれて ありがとう(涙)』

私『早希ねえちゃん 呼んでくれて ありがとう』

いつもの私なら『話を聞くのは有料ですからね(笑)』とか冗談を言うのですが
この時はこの言葉が自然に出ていました

その言葉が早希ねぇちゃんの涙腺を崩壊させたのか
堪えていた涙が たまたま偶然あふれ出たのかは分かりませんが

早希ねぇちゃんは声をあげて泣きました

目の前で女性が声をあげて泣く姿を見たのも*初めて*な私




大将さんも 隆志にいちゃんも 真紀ねえちゃんも 常連のお客さんも
そんな早希ねぇちゃんを*見守る優しさ*で声をかけずにそっとしていました

*みちくさ*は暖かいお店なのです♪



早希『まー。ごめんね。。。 飲もう♪ やけ酒だよーー♪』

私『早希ねえちゃん・・俺  車なんだけど(笑)』

早希『あーーー!! ホンマや!! 飲めヘンやん!!』

私『それ以前に 未成年ですからね(笑)』

早希『この前 章のアパートで一緒に飲んでたやん♪』

私『ですよね~♪ でも今日は車だからムリでーーーす♪』

大将さん『もしも まーが未成年だとしたら 飲んじゃダメだよね』


またでたー!!大将さんの『もしもの話』でたー!!
※私の心の声 しかも 『もしも』じゃなくて『完全に』未成年ですからwww



早希『大将さん♪ もしもの使い方間違ってるよ~♪』

言っちゃったよー!! 今まで誰も突っ込まなかった話 言っちゃったよー!!
※私の心の声 www


大将さん『じゃ~ 例えば まーが未成年だとしたら 飲んじゃダメだよね』


『もしも』が『例えば』に変わっただけで一緒やん!!
お願い!! もう誰も大将さんに突っ込まないであげて~(>_<)
※私の心の声www


早希『大将さん♪『もしも』が『例えば』に変わっただけで一緒やん!!

言っちゃったよー!!早希ねえちゃん 言っちゃったよー!!
この人やっぱりウサギじゃない!! トラだよー!!
※私の心の声 www



明日へ続く



[PR]
by sakura-yuki412 | 2015-11-11 20:00 | 長編ブログ

人を笑顔に出来る写心を撮りたいです パシャ♪Σp【◎】qゝω・*)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31